日光の紹介 - 日光飲食店パーフェクトマップ

私たちが日光市内の全飲食店をご案内します!

 

日光の紹介

古くからの交通要衝・歴史上の重要地・賑わいをみせた観光地である日光周辺には、1100店舗以上の飲食店業者がみなさまを待っています。私たちはみなさまを歓迎して、満足してもらえる為の多くの飲食メニューを用意して、来訪をお待ちしています!

旧日光][奥日光][鬼怒川][今市][足尾][藤原][栗山][日光はどこにある?


【旧日光】
日光はかつて「江戸の奥座敷」と呼ばれた特別な場所であり、有名なユネスコ世界遺産「日光の社寺」(二社一寺=日光東照宮・輪王寺・二荒山神社)のほか、中禅寺湖、華厳の滝、奥日光の湿原や温泉地を擁する旧日光市のエリアは古くからの観光や参拝の目的地となる宿場町でもありました。「日光を見ずして結構と言うな」というフレーズが言い交わされる程、庶民の訪れてみたい憧れの地であったようです。江戸~明治~昭和に至る日本の歴史の重要な地位も占めており、歴史マニアにはたまらない史跡や逸話の宝庫です。

日光名物のゆば料理やそば、他にも
地場の特産品を使ったグルメがいっぱい!


奥日光】
第2いろは坂(登り専用道)を上がってゆくと秋には美しい紅葉を見せる雑木林の峠を抜け、途中黒髪平、明智平を経由して中宮祠へと辿り着きます。有名な「華厳の滝」は中禅寺湖の東側より流れ落ちる名瀑。国立公園であるがため環境自然保護に厳しい制約のあるなか、近年地元観光業者らの努力によりライトアップイベントも行われるようになりました。「夏季には外務省が移動する」とかつて言われたように避暑リゾートとして各国の大使館別荘がありました。現在はそれらを記念公園として整備し直し、また、中央から高級ホテルの進出がなされています。さらに北西に向かうと竜頭の滝・戦場ヶ原を経由してスキーと温泉の日光湯元温泉があります。


鬼怒川】
一級河川の鬼怒川に沿い、会津(福島)方面への入口にある、日本有数の温泉街が鬼怒川温泉です。約40軒のホテル旅館の他、リゾートマンションや企業の保養所などが多く建ち、市営・民間の入浴施設も多数あります。鬼怒川温泉駅周辺にはレストラン・そば店・中華料理店、カフェ、みやげ物店、売店、コンビニエンスストア、ツーリストセンターやレンタカー、銀行、郵便局などが並び、外国人の観光客も多く訪れます。江戸時代を再現したアミューズメント施設(サムライや忍者に会える!)や世界の有名建造物のミニチュアレプリカ群を見て楽しめる遊興施設もあります。

ニコニコ本陣
今市】
日光市の市役所ほか官公庁や企業が置かれ、住と商工の中心地となります。周辺部は農耕地も多く、美味しい日本酒の醸造元も複数、食の生産地でもあります。今市は日光山詣での宿場町でした。幕末の報徳司法を確立した二宮尊徳の終焉の地で、下今市駅からは鬼怒川温泉向けのSL大樹が運行され、駅の近隣には報徳二宮神社があります。

東京から日光へのアクセス(日光市公式HP・別ウィンドウ)

主要観光地へのアクセス(日光市公式HP・別ウィンドウ)

足尾鉱山跡
足尾】
日光は創世記より日本列島に存在し足尾は鉱物の宝庫でした。日光山を開山した勝道上人たち修験者の地であり秘密の場所でもありました。足尾は日光山やお江戸の台所であったのです。明治になり日本の近代化という国策に乗った古河市兵衛により再び脚光を浴びることになりました。電話・水力発電・坑山電車・足尾式削岩機等々最新の技術の光と日本初の公害の原点としての負の部分を合わせ持った歴史は官民一体の植樹によって環境学習の場になりました。表舞台の日の光の日光と相対する裏舞台の足の尾っぽの足尾は自然と日本の縮図を体感できる産業遺産のまちであります。(銅山観光案内HP


藤原】
鬼怒川と男鹿川、湯西川が合流し、五十里湖、湯西川湖、八汐湖を有する山間の藤原町(ふじはらまち)は、栃木県北部に昭和10年から平成18年までの70年間、町として設置されていた自治体でした。明治22年の町制施行時から46年間は藤原村として設置されていました。2006年3月20日に周辺自治体と合併し、新設された日光市の一部となりました。新たな日光市における旧藤原町域は鬼怒川地区とも呼ばれています。
鬼怒川温泉や川治温泉、湯西川温泉、上三依、中三依など多くの温泉地を抱える町で、町名は「ふじわら」ではなく「ふじはら」(Fujihara)と読みます。(Wikipediaより一部抜粋・参考)


栗山】
栃木県西端の鬼怒沼に源流を発する、鬼怒川の上流地区に位置します。日光市中心部から見ると、日光連山の山向こう(霧降高原の先)ということになります。2006年、今市市・日光市・足尾町・藤原町と合併し、新設された日光市の一部となりました。県内の自治体としては最大の面積を誇っていましたが、周囲を険しい山々に囲まれており、過疎化が顕著でした。県内最後の村でありました。以前はダムで自立を目指していました 。(Wikipediaより一部抜粋・参考)

Scroll Up